1. ホーム
  2. 整体師を目指す前に
  3. ≫自宅整体師の1日

自宅整体師の1日

整体の予約が埋まっている場合の1日のスケジュール

整体の予約がほぼ埋まっている場合はだいたい次のようなスケジュールになる事が多いです。

7:00  起床・施術室のエアコンのスイッチを入れる
7:30  家族と朝食
8:00  施術室・玄関の掃除
8:45  今日来る人のカルテチェックやベッドメイキング
9:00  午前の施術スタート
13:00  家族と昼食、1時間ぐらいのんびり過ごす
14:00  ブログの更新・メールチェックなどの事務作業・勉強
16:00  午後の施術スタート
20:00  施術終了・カルテの整理など
20:30  夕食・子供をお風呂に入れる。
21:30  残っている事務作業があれば仕事、なければのんびり
24:00  就寝

もちろん、その時々によって細かいところは変わります。例えば1〜2人空きがあったらその間に両替に行ったり、買い物に付き合ったりすることもあります。そのあたりは柔軟に対応できます。

ちなみに私の家の場合、冬場はエアコンを早めに入れておかないと施術室が全然温まりません。本当に寒いときはタイマーをセットしてもっと早くから稼働させるときもあります。

昼休みの時間は休むというよりは事務作業や広告の企画を練ったり、整体の本を読んだりすることに割り当てることが多いです。つまり、「緊急では無いけどやらなければならないこと」に当てることが多いです。だから、働いていると言えば働いていますね。好きでやっているのであまり働いているという感覚はありませんが・・・

自宅でやる整体師のスケジュール調整法

毎日満員御礼なら嬉しいかもしれませんが大変です。特に週休1日でやっていると体力的にも精神的にも休まる日がすくなくなります。また、どうしても外せない用事がある日もあると思います。

そこで私の場合は「疲れてきたな〜」とか、前もって用事があることが分かっている場合は「予約が埋まっています」と行って予約を取らないことがあります。

こういうことは、それなりに集客ができるようになってからやることだと思っている人も多いかも知れません。しかし、私は師匠の教えに従いあまりお客さんがいない状態でも敢えてそうやって断ることをしていました。

なぜならこれは口コミや繁盛していると思わせるテクニックの一つだからです。例えばお客さんが少ないときに断るには勇気が要りますが、こうやって繁盛しているんだと思わせるることで口コミになったり、「何としても行きたい!」という気持ちになる人も確かにいらっしゃいます。ただ、現実には(特に初診の方)そこで断るとそれで終わってしまう場合もありますのでやるときはご注意を(苦笑)

これは少し生々しい話かもしれませんが、繁盛している整体院というのは単なる施術技術だけで無くこういった細かいテクニックを使ったりしていることも多いです。

ちなみに、こういうことが生理的にダメな人は独立して一人でやっていくことはあまり向かないかもしれません。現実の商売はとても泥臭いものです。

少し余談が長くなりましたね。

基本的にスケジュールはあなた自身の手で自由に調整することができます。ただ、売上げが少ないときは施術優先になり自由度は低くなると思います。

また、自営業で一人でやっている場合、管理する人がいないのでルーズになりがちですが、整体院の場合は患者さんが定刻に来てくれるのでペースを作りやすいです。そういう意味でも一人でやる仕事として整体師はよいかなと思います。

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

Pocket