1. ホーム
  2. 整体の技術を勉強する
  3. ≫整体学校の選び方その4:手技選びの目安

整体学校の選び方その4:手技選びの目安

整体の手技を選ぶ一番良い方法

整体の業界は国家資格全国はないですし統一された団体や技術の基準のようなものもありません。だから○○整体とか△△療法のように様々な手技・流派で溢れかえっています。

始めて整体を学ぼうという人は何が良いのかわからず困ってしまいますよね。

では、どうするべきかですが、最良の方法は自分が施術を受けてみることです。

自分が施術を受けて心地よいとか効果を感じられた・・・といものならば余程ハズレはないと思います。

「何だかな〜」と感じるような施術ならあなたに合わない可能性が高いです。そもそも自分が効果を感じられないものを学ぶ気にはなれないですよね。

ちなみに私の場合は検討対象だったスクールの卒業生がやっている整体院に何度か通いました。そして「これはいいな」と思ったのが決定の要因の一つとして大きいです。

面倒くさいかもしれませんが、是非施術を受けるようにしてください。その時はモチロンその手技を学びたいと思っているなんて言ってはダメですよ。完璧にお客さんを装って行きましょう。

ダメな整体を見極めるコツ

施術を受けると言っても色々な整体院を回るのは大変です。

そこで、とりあえず最初に選別するときの基準としては「どんな症状でも効果がある」とか「簡単に学べる」とか「誰にも知られていない画期的な秘密の方法」だとから「業界No1の効果」のように形容詞をたくさんつけて宣伝している整体は怪しいと思って下さい。

そもそも、患者さんの症例は千差万別ですから、あの手技は抜群に効くがこの手技ではイマイチということも普通にあります。ですから何にでも効く万能の手技というのはありえません。

また、世に出てきて今まで生き残っている手技は、ある程度効果があると認められているものがほとんどです。ですから、ある程度歴史があったり、医学的に認められているような手技を学ぶ方がハズレは少ないと思います。

一方で「他に無い新しい独自の手技」と宣伝しているところはハズレや詐欺のような手技の可能性が高いので気をつけましょう。

整体の手技に関しては最新がよいとは限りません。

参考までに歴史があったり医学的・科学的な裏付けがある程度あるものとしては例えば次のようなものがあります。

  • 野口整体
  • 操体法
  • カイロプラクティック
  • オステオパシー
  • PNF
  • トリガーポイント理論

このあたりをベースにしている整体を選べば大ハズレはないと思います。

また、この業界では独自の名前を付けて自分のオリジナルの手技だと主張している人がたくさんいますが、実際は昔からあるこういった手技を少しアレンジしただけだったり、単なる劣化版コピーだったりすることもよくあります。

ただ、独自の手技名を付けていても、「メジャーな手技の良いとこ取りをした」とか「○○をベースに改良した」とか元ネタをしっかり明記しているところは良いものが多いと感じています。

それを隠して「オリジナルのスゴイ手技だ!」というように見せているところは怪しいです。

まぁ、個人的にはどんな手技であれ効果がでれば何でもよいと思うのですが、たまに本当に詐欺のような手技で大もうけしているひどいところもあります。

やたらと「すごい」とか「楽・簡単」などをアピールしているところはまず疑ってかかりましょう。

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

Pocket